【衝撃】ハーランドの父親はノルウェー代表の「あの選手」だった!

Embed from Getty Images

サッカーを見ていると、時として「アレとアレが繋がっていたの?」なんてことが多々あります。

今回は、ドルトムントで活躍するノルウェー代表ハーランドに関する意外な事実をお伝えします。

昔からのサッカーファンならば、あの映像の選手ハーランドとの関係を知って衝撃を受けることでしょう。

ハーランドの父もサッカー選手だった

本題の前に、ハーランドの父の情報から。

実は、ハーランドの父親もプロのサッカー選手でした。

その実績はすごいもので、ノルウェー代表として34試合に出場。

94年W杯にも、代表メンバーとして選ばれました。

クラブでは、キャリアの多くをイングランドでプレー。

具体的にいうと、ノッティンガムフォレストリーズマンチェスター・シティーでプレーしていました。

余談ですが、ハーランドは父がリーズでプレーしていた時に生まれ、3歳までイングランドで育ったそうです。

ハーランド父とロイ・キーンの因縁

ここからが本題。

ハーランドの父は、ある動画でサッカーファンの間ではすごく知られた存在なのです。

ハーランドの父がサッカー選手だったなんて知らなかった

という人も、次の動画は見たことがあるでしょう↓

一度見たら忘れられないラフプレーは動画15秒〜。

当時マンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたロイ・キーン殺人タックルです。

実は、この殺人タックルの相手がハーランドの父であるアルフ=インゲ・ハーラントだったのです。

このラフプレーはすごいひどいものだったので覚えていたのですが、タックルされた相手がハーランドの父だったと知った時は衝撃でした。

動画の解説

ここで動画の解説を時系列でしていきます。

一番最初に流れる動画は、ハーランドの父がリーズに所属していた時にマンチェスター・ユナイテッドと対戦した時のもの。

軽い接触でペナルティーエリア内で倒れたロイ・キーンに対し、ハーランドの父は「大げさに倒れるんじゃない!」と叱責したそうです。

しかし、実際はロイ・キーンは十字靭帯断裂の大怪我。

この怪我の影響でロイ・キーンは1年間プレーできませんでした。

そして、あれから4年後にロイ・キーンの復讐、そうあの殺人タックルが起きたのです。

殺人タックルの相手は、当時、マンチェスター・シティーに移籍していたロイキーンの父。

後にロイキーンは自伝書にて、あのタックルはハーランドの父に故意的にしたものだと記しています。

サッカー史に残るこの殺人タックルにより、ロイ・キーンは1発退場&5試合の出場停止となりました。

一方のハーランド父は、この時の怪我の影響があり、2年後に30歳という若さで現役引退しています。

まとめ

以上、ハーランド父とロイ・キーンとの確執でした。

ハーランドほどの若く有望な選手となれば、当然のごとく、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍話も出てくるはずです。

その時、ハーランドはどのような決断をするのでしょうか?

父を引退に追いやったマンチェスター・ユナイテッドに関しては、あまり良い感情を持っていないかもしれません。

因みに、ハーランドは今でも自分が生まれた時に父がプレーしていたリーズ・ユナイテッドのファンだそうです。