横浜FCが13年ぶりにJ1復帰|あの2007年最終節以来のJ1復帰|

横浜FC

横浜FCがJ1復帰

J2最終節は24日に行われ、横浜FCが愛媛を2−0で破り、13年ぶりのJ1復帰を決めました。

横浜FCがJ1を経験したのは2007年の一年のみ。

しかし、その最後は衝撃的なものでした。

今回は2007年最終節を振り返ります。

横浜FC

今でも横浜FCがJ1で最後に戦った試合を覚えている人は多いことでしょう。

2007年最終節の対戦カードは「浦和レッズvs横浜FC」

その時の両チームの状況は実に対照的。

浦和レッズは勝てば文句なしの優勝、横浜FCは断トツ最下位でJ2降格が決定していました。

モチベーションからして、大方の戦前予想は浦和の勝利。

実は、私はこの試合を観に行っていました。

その時のスタジアムの雰囲気がこちら↓

横浜FC試合が行われたのは日産スタジアム。

横浜FCのホームゲームだったものの、ご覧のようにスタジアムは赤一色。

その雰囲気に圧倒された私は、浦和が何点決めて優勝するのかなと思っていました。

しかし、試合結果はまさかの横浜FCの勝利(横浜FC1-0浦和レッズ)。

この結果、浦和レッズは最終節で優勝を逃し、鹿島アントラーズが最後の最後で2007年度のJ1チャンピオンになりました。

この劇的勝利が、横浜FCにとって最後のJ1の舞台でした。

来年、13年ぶりにJ1へ戻ってくる横浜FC。

どのような戦いをするのか楽しみです。

因みに、この2007年の最終節に出場していた選手が一人だけ今でも横浜FCに残っています。

それはカズ。

この試合で先発出場したカズは89分までピッチにいました。

来年、J1が開幕する頃には53歳になっているカズ。

カズをまたJ1で見られるのか?

その点も楽しみです。

関連記事

柏レイソル13-1京都サンガ|オルンガ8ゴール【Jリーグ新記録】

J1参入プレーオフ2019【徹底ガイド】降格・昇格|テレビ放送