20年前のサッカー未開封カードを開封【日韓W杯|PANINI】

サッカーカード倉庫を整理していたら、20年前の未開封サッカーカードが大量に出てきました。

今回は、そのサッカーカード開封の模様をお伝えします。

20年前の未開封サッカーカード

サッカーカード
今回出てきた未開封カードがこちら↑

PANINI社から発売されたもの。

カードの正式名称は

2002 FIFA ワールドカップ オフィシャルトレーデングカード オープニングシリーズ

これが7パッケージ分、未開封の状態で見つかりました。

カードパッケージには、イ・ドング、中田英寿、ジダン、トッティが写っています。

早速、開封!

では、早速、開封していきます。

サッカーカード一つ目がこちら↑

6枚入り。

日本代表GK二大巨塔の川口能活楢崎正剛

イタリア代表インザーギも

これは当たりでしょう!

サッカーカード
カードの裏側はこんな感じ↑

気になるのは、カード6枚のうち3枚がスタジアムだったこと。

スタジアム好きの自分にとっては良いが、ちょっとスタジアム比率が多いような気がする・・・。

ここからは端折って、7パッケージの結果を。

サッカーカード
7パッケージ(合計42枚)の結果がこちら↑

全体的に日本代表カードが多かったです。

42枚のうち11枚が日本代表選手、9枚がスタジアム。

そう、日本代表&スタジアムで半分を占めることに。

更には、韓国代表の比率も多く6枚(そのうち2選手がまさかのダブり!)。

しかし、マルディーニ、バルデス、デサイー、トッティ、ビエリなどのスター選手のカードもありました。

まとめ

以上、20年前のサッカーカード開封でした。

もっと色んな国の選手が出てくると期待していただけに、ちょっと残念な気持ちも。

しかし、日本代表選手には今は亡き松田直樹なども入っており、少しばかり懐かしい気持ちに浸ることができました。

関連記事

先日、家のクローゼットを整理していたら大量のサッカートレカが出てきた。 そのほとんどが20年以上前の年季あるもの。 今の時代...