中島翔哉が移籍するアルドゥハイルSCとは?

Embed from Getty Images

中島翔哉、カタールへ

中島翔哉(24)のカタール1部リーグ・アルドゥハイルSCへの移籍が正式に決まった。移籍金は3500万ユーロ(約43億7500万円)とも言われており、今まで日本人最高額だった中田英寿の約32億円(2001年/ローマ→パルマ)を超える見通しだ。

2017年8月に移籍したポルティモネンセでは加入シーズンにリーグ戦29試合で10ゴール12アシストと大活躍。今季はここまで13試合5ゴール6アシストと好調を維持していた。

この活躍から欧州の主要リーグへの移籍が以前から噂されていた中島だが、新天地はカタールと日本人にとってあまり馴染みのない国となった。その為、今回の移籍に戸惑いを感じるファンも多いはずだ。

カタールリーグとは一体どんなリーグなのか? 中島が移籍するアルドゥハイルSCとは?

詳しく調べてみた。

カタールリーグとは?

創設は1963年。2008年9月にプロリーグが発足。プロ化してまだ10年とその歴史は浅い。1部リーグはカタール・スターズリーグと呼ばれている。

国際サッカー歴史統計連盟が発表した世界リーグランキング(2018年度)では、カタール・スターズリーグは71位だった(Jリーグは31位)。

2018-19シーズンのカタール・スターズリーグのチーム数は14チーム。

豊富なオイルマネーを背景に世界のビッグネームを次々と獲得。

以下は、かつてカタールでプレーした主な名選手たち。カッコ内はプレーした期間。

  • ロマーリオ(2003)
  • カニーヒア(2003-04)
  • イエロ(2003-04)
  • バティストゥータ(2003-2005)
  • デュガリー(2004−05)
  • デサイー(2004-06)
  • ワンチョペ(2004-05)
  • ジブリル・シセ(2013)

現在はスナイデル、シャビ、ガビ、デ・ヨング、エトーなどがプレーしている。

カタールリーグの特徴は上記のスター選手の他、中東諸国の有望な選手が多数プレーしている点。有名所で言うと、以前はイラン代表のアリ・ダエイやカリミ、イラク代表のマフムード等がカタールでプレーしていた。

アルドゥハイルとは?

中島翔哉が移籍したアルドゥハイルSCとはどういうチームなのであろうか?

ホームタウンはカタールの首都ドーハ。創設は1938年。前身は警察のサッカークラブだった。

2009年にカタール2部リーグで優勝し、初の1部昇格を決める。その際にチーム名をレフウィヤSCに改名。

2016-17シーズン後に同じドーハを本拠地とするアル・ジャイシュ・ドーハを併合し、チーム名を現在のアル・ドゥハイルSCへと改名した。

成績

2010年に初めてカタール・スターズリーグ(カタール1部リーグ)へ昇格。その後、リーグでは8シーズンのうち6度も優勝している。2017-18シーズンには史上初の無敗優勝を果たした。

ACLには過去7回出場。最高成績はベスト8(2013,15,18の3回)。

ホームスタジアム

Embed from Getty Images

アルドゥハイルのホームスタジアムはアブドゥッラー・ビン・ハリーファ・スタジアム。サッカー専用で収容人数は12,000人。2013年にオープンしたばかりの新しいスタジアムだ。

このスタジアムでは2016年にAFC U-23選手権の決勝・日本代表対韓国代表戦が行われた(試合は日本が3−2で勝利し優勝)。この時の日本U23代表には中島翔哉がおり、この試合では先発フル出場している。

歴代所属選手

ウルグアイからカタールへ帰化し日本戦でもゴールを奪ったセバスティアン・ソリアは2012-2015に所属し、64試合42ゴールという結果を残した。
その他、コートジボワール代表でも活躍したバカリ・コネが2010-12に所属し、37試合14ゴールという結果を残した。

現在のチーム

現所属選手

Embed from Getty Images
アルモエズ・アリ
アジアカップ2019決勝の日本戦でオーバーヘッドを決めた選手。アジアカップでは9得点を挙げ、一大会での得点記録を更新。今後が期待される選手だ。

Embed from Getty Images
ナム・テヒ
韓国代表。アル・ドゥハイルSCには前身のレフウィヤSC時代も含めると2012年から所属。総得点数は66ゴールとチーム歴代最多記録。

Embed from Getty Images
メディ・ベナティア
モロッコ代表としてワールドカップ2018にも出場。ユヴェントスでは2016年からプレー。今冬の移籍マーケットでマンチェスター・ユナイテッドのオファーを蹴ってアル・ドゥハイルSCへ加入。

監督

Embed from Getty Images
ルイ・ファリア
ポルトガル出身の43歳。過去にレアル・マドリード、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドでアシスタントコーチの経験あり。モウリーニョ監督の右腕として絶対的な信頼を得た人物だ。
アル・ドゥハイルSCでは2019年1月から指揮をとる。過去にアシスタントコーチ、フィットネスコーチの経験はあるが、監督業は初となる。