神戸の外国人枠はどうなる?|サンペール加入で外国人選手は7人

Embed from Getty Images
7日、ヴィッセル神戸はバルセロナからMFサンペールを獲得することを正式に発表した。

これで神戸の外国人選手は7人となった。

そこで気になるのは外国人枠だ。

この7人の外国人選手は同時にプレーすることができるのだろうか?

今回の移籍を踏まえながらその点を解説したい。

ヴィッセル神戸の外国人選手7人

現在、ヴィッセル神戸には7人もの外国人選手がいる。

詳細は下記の通り。

  • キム・スンギュ(韓国)
  • ダンクレー(ブラジル)
  • イニエスタ(スペイン)
  • ビジャ(スペイン)
  • ポドルスキ(ドイツ)
  • ウェリントン(ブラジル)
  • サンペール(スペイン)

この7人の外国人選手は同時にプレーすることができるのだろうか?

2019年の外国人選手枠

結論から言うとこの7選手が全員、同時にプレーすることはできない。

最大で5人までだ。

その理由を今シーズンから変更になった外国人選手枠のルールと共に解説したい。

  1. 試合にエントリーできる外国籍選手は5人まで
  2. アジア枠の撤廃

今シーズンから試合でベンチ入り・出場ができる外国人選手はJ1で5人までとなった。

従来の3人から増えたとは言え、5人という制限はある。

よって、神戸の外国人選手7人は同時にピッチに立つことができず、毎試合必ず2人はベンチ外と言うことになる。

ここで気になるのがアジア枠。

アジア枠とはAFC加盟国の国籍保有選手は外国人選手としてカウントされない制度。2018年まで各チーム1人このアジア枠が認められていたが、2019年度からは撤廃。

よって、韓国籍のキム・スンギュは外国籍選手としてカウントされるようになった。

以上、まとめると

  • 外国人7選手の同時出場は不可
  • 毎試合2人はベンチ外

ということになる。

選ばれる5人は?

神戸の外国人7選手はどの選手もレベルが高い。

よって、ベンチ外の2選手を選ぶ際は消去法となるだろう。

サンペールがコンディションを整えると想定すると、

外せない選手は

  • イニエスタ(スペイン)
  • ビジャ(スペイン)
  • ポドルスキ(ドイツ)
  • サンペール(スペイン)

の4人になるだろう。

後の一枠は最後の砦キム・スンギュ、もしくはデビュー戦で好プレーのダンクレーとなるだろう。

残念ながら、ウェリントンはベンチ外になる可能性が高い。

当然、出場機会が減る選手はそのことを良しと思わない。

開幕後にダンクレー、サンペールと立て続けに2選手を補強した神戸。

今後は、出場機会を求めて他のチームへ移籍する外国人選手が出てくるかもしれな


【DAZN】初月1ヶ月無料お試し