ワールドカップ2022大陸間プレーオフ|日本代表進出時のスケジュール

ワールドカップ 

戦前の予想では余裕でワールドカップ出場を決めると思われた日本代表

しかし、蓋を開けてみるとオマーン代表、サウジアラビア代表に負け、ワールドカップ自動出場圏の2位以内が難しい状況。

こうなると気になるのがプレーオフ

プレーオフの日程対戦カードはどうなっているのでしょうか?

今回は、このプレーオフのスケジュールについて分かりやすく解説していきます。

ワールドカップアジア最終予選の組み合わせ

プレーオフの日程の前に、まずは大事な情報から。

それはワールドカップアジア最終予選の組み合わせ

既にご存知の方も多いかと思いますが、詳細は下記の通り↓

A組

  • イラン
  • 韓国
  • イラク
  • UAE
  • シリア
  • レバノン

 

B組

  • 日本
  • オーストラリア
  • サウジアラビア
  • 中国
  • オマーン
  • ベトナム

各グループの上位2チームが自動的にワールドカップ出場権を獲得できます。

プレーオフの日程

ここからが今回の本題。

プレーオフの日程はどうなっているのでしょうか?

プレーオフの日程は、大きく分けて2段階あります。

流れは下記の通り↓

3位同士の直接対決

まずは、アジア予選A組・B組の3位同士で直接対決

これは一発勝負です。

この一発勝負に勝利したチームが大陸間プレーオフへ回ることができます。

大陸間プレーオフ

続いて大陸間プレーオフについて。

大陸間プレーオフは下記の4チームで行われます↓

  • アジア(アジア5位)
  • オセアニア(オセアニア1位)
  • 北中米カリブ海(北中米4位)
  • 南米(南米5位)

日程・対戦カードは下記の通り(2021年11月に抽選で決定)↓

日程 対戦カード
2022/6/13(月)or14(火) アジア5位 vs 南米5位
2022/6/13(月)pr14(火) 北中米4位 vs オセアニア1位

まとめ

以上、大陸間プレーオフについてでした。

日本代表がBグループで3位になった際、Aグループ3位に勝った上で、更には南米予選5位のチームと戦わなければなりません。

南米5位には、ウルグアイ、チリ、コロンビア、ペルーなどの強豪チームになる可能性があります。

真剣勝負で南米5位は、あまりにも厳しいです。

そうなる前に、日本には2位以内でのワールドカップ自動出場権を獲得してほしいものです。

日本代表のW杯アジア最終予選

日本代表のワールドカップアジア最終予選の試合日程&中継はこちら↓

ワールドカップ2022アジア最終予選|日本代表の試合日程&テレビ放送