東京ドームや甲子園でサッカーをしていた時代【写真】

野球場
皆さんは、一昔前まで野球場でサッカーをしていたのをご存知でしょうか?

一昔前とは、90年代のこと。

野球場とは、東京ドームや甲子園球場など。

今回は、写真を交えながら当時の様子をお伝えしていきます。

東京ドーム

野球場
こちらは1992年に行われた読売ヴェルディとフランクフルトの親善試合の様子。

写真を見たらわかる通り、モロに人工芝です。

そのため、選手はスパイクシューズを履いていません。

東京ドームでのサッカーの試合は、オフシーズンなどに結構やっていたイメージが強いです。

怪物ロナウドもクルゼイロ時代に、東京ドームで行われたジュビロ磐田とのプレシーズンマッチに出場しています。

甲子園球場

野球場こちらは95年に行われたヴェルディ川崎vsガンバ大阪のプレーシーズンマッチ。

客席の位置が低いのが印象的です。

当時のJリーグといえば、大ブーム。

対照的に野球はサッカーに人気を奪われて、大不況でした。

そんな中、行われたこの一戦。

野球ファンからしてみれば、屈辱的だったかもしれませんね。

横浜スタジアム

野球場こちらは95年に横浜スタジアムで行われた横浜フリューゲルスvsメルボルン・ナイツの一戦。

シュートを放つのは、2013年にヴィッセル神戸で引退した吉田孝行。

写真奥に写る、野球のベンチが印象的です。

野球場でサッカーまとめ

現在、昔のように野球場でサッカーをすることはなくなりました。

理由はシンプル。

たくさんの素晴らしいサッカースタジアムが日本中にできたからです。

しかし、世界ではまだ見られます。

それはアメリカ。

アメリカではヨーロッパのチームが北米ツアーを行う際、よく野球場でサッカーの試合が行われます。

気になる方は、グーグルなどで「野球場 サッカー アメリカ」と検索してみてください。

たくさんの画像が出てきます。

野球をするために造られたスタジアムで、サッカーをするのは独特の雰囲気です。

以上、野球場でサッカー特集でした。