生まれた育った国以外の代表チームでプレー

2018年ロシアワールドカップは、生まれ育った国以外の代表チームでプレーする選手が多く見られた。その数なんと82人。実に全体の11%もの選手が外国出身者だった。なぜそのようなことが可能になるのか? そしてその中でも特に突出して有能な選手を送り出すフランスに着目。