本田圭佑加入のメルボルン・ビクトリーFC。一体どんなチーム?

本田圭佑が移籍したメルボルン・ビクトリーFC。10月から新シーズンは開幕する。今回は、メルボルン・ビクトリーFCがどんなチームなのかお伝えしたい。

Aリーグの基本情報

その前にAリーグの基本的な情報を。Aリーグは2004年にできたばかりの新しいリーグだ。

大会形式はJリーグやその他欧州リーグと大きく異なる。レギュラーシーズンとファイナルシリーズという二つから成る。

レギュラーシーズン
Aリーグ所属の全10チームが3回戦の総当たり(全27節)。今シーズンの場合は2018年10月〜2019年4月の日程で行われる。

ファイナルシリーズ
レギュラーシーズン上位6チームにより、トーナメント制で行われる。トーナメント表の組み合わせはレギュラーシーズンの順位を考慮され決められる。このトーナメントで優勝したチームがシーズンのチャンピオンとなる。競技は違うが、日本のプロ野球のクライマックスシリーズにその構成は似ている

過去の成績

メルボルン・ビクトリーFCは2005-06シーズンからAリーグに参戦。

過去13シーズンの成績

レギュラーシーズン

  • 1位→3回
  • 2位→2回

ファイナルシリーズ

  • 優勝→4回
  • 準優勝→2回

レギュラーシーズンで1位になったシーズンはファイナルシリーズでは全て優勝。2017-18シーズンはレギュラーシーズンで4位だったものの、ファイナルシリーズでは見事優勝。AFCチャンピオンズリーグには5度出場している。

平均観客数は過去13シーズンの内、9シーズンで2万人以上を記録。人気あるチームだ。

毎月、AFCが発表するアジアのクラブランキングにおいては、2018年9月最新版では47位にランクイン。(参考までにJリーグのAFCクラブランキング → 9位川崎フロンターレ、10位鹿島アントラーズ、34位FC東京、45位ジュビロ磐田)

主なメンバー

Embed from Getty Images

オラ・トイヴォネン(スウェーデン代表)

  • 1986年7月3日生まれ(32歳)
  • スウェーデン代表56試合13得点
  • 2018年ワールドカップ準々決勝進出 全5試合で先発出場
  • PSV、レンヌ、サンダーランドでプレー経験あり

Embed from Getty Images

ゲオルク・ニーダーマイアー(ドイツ)

  • 1986年2月26日生まれ(32歳)
  • シュトゥットガルトで148試合・12ゴール
  • 元ドイツU19代表

Embed from Getty Images

ジェームス・トロイージ(オーストラリア代表)

  • 1988年7月3日生まれ(30歳)
  • 代表32試合出場5ゴール
  • 過去にトルコ、イタリア、ベルギーなどでプレー経験あり

Embed from Getty Images

カール・ヴァレリ(オーストラリア代表)

  • 1984年8月14日生まれ(34歳)
  • 過去、イタリアで10シーズンに渡りプレー
  • チームキャプテン

2018−19シーズン日程

メルボルン・ビクトリーFCの2018-19シーズンは10月20日のメルボルン・シティFCとのメルボルンダービーで幕を開ける。レギュラーシーズンは2019年4月27日まで。この間に行われる27試合で上位6チームに入れば、ファイナルシリーズへの出場権を得る。

2018-19シーズン・メルボルン・ビクトリーFCの全試合日程(英語)

スタジアム

メルボルン・ビクトリーFCには2つのホームスタジアムがある。2018-19シーズンのホームゲームはこの2つのスタジアムを半々で使い分ける。

Embed from Getty Images

AAMIパーク

  • 収容人数:30,050人
  • オープン:2010年
  • AFCアジアカップ2015の試合会場
  • ラグビーの試合でも使用される

Embed from Getty Images

マーベル・スタジアム

  • 収容人数:56,347人
  • オープン:2000年
  • 以前の名称はエティハド・スタジアム(2018年8月にエディハド航空との契約が終了)
  • ウォルト・ディズニー社が命名権を取得。2018年9月1日より「マーベル・スタジアム」となる