柏レイソル13-1京都サンガ|オルンガ8ゴール【Jリーグ新記録】

Embed from Getty Images

柏レイソル13-1京都サンガ

前節で既にJ2優勝&J1昇格を決めている柏レイソルは24日、京都サンガをホームに迎えて最終戦を行なった。

試合は柏レイソルの怒涛のゴールラッシュ。

スコアは13−1

これはJリーグの一試合最多得点記録最多得点差記録

勝てばJ1昇格プレーオフのチャンスもあった京都サンガ。

プレーオフを逃し、13失点とこれ以上ない後味の悪い最終節となった。

オルンガ8得点

柏レイソル13ゴールの立役者は、間違いなくオルンガ

オルンガは一人で8ゴールも奪ったのだ。

これはJリーグ1試合での個人最多得点記録。

これまでの個人最多得点記録は、ヴァンフォーレ甲府のバレーがJ1・J2入れ替え戦(2005年)で記録した6ゴールだった。

因みに、その時の対戦相手は柏レイソルで、試合が行われたのは今回と同じ日立柏サッカー場だった。

オルンガは今回の8ゴールにより、今シーズンのゴール数を27へと伸ばした。

しかし、J2得点ランクトップのレオナルド(アルビレックス新潟)が最終節で1ゴールを挙げ28ゴールに伸ばしたことで、奇跡の得点王獲得とはならなかった。

関連記事

2019年の「J1参入プレーオフ」「自動昇格・降格」「ACL出場圏」の一覧表を作りました。 ご活用ください。 J1参入プレー...
Embed from Getty Imageswindow.gie=window.gie||function(c){(gie.q=gie.q...