日本代表1998-2018まとめ|メンバーはどのくらい残った?

Embed from Getty Images

まとめ

5回に渡り、特集した4年間での日本代表メンバーの移り変わり。

ワールドカップ直後の初陣 → 4年後のワールドカップに残った選手のデータを表にしてみた。

期間 残ったメンバー パーセント ワールドカップ成績
1998 → 2002 7人 30% 決勝トーナメント進出
2002 → 2006 13人 56% グループリーグ敗退
2006 → 2010 5人 21% 決勝トーナメント進出
2010 → 2014 9人 39% グループリーグ敗退
2014 → 2018 9人 39% 決勝トーナメント進出

※表の年代を押すと、特集ページへジャンプ

ここで注目すべきは赤い数字だ。残ったメンバーが少ない時ほど、決勝トーナメントへ進出している。

逆に初めからメンバーが固定されていて驚異の56%という数字を残した06年はグループリーグ敗退となっている。

常に目まぐるしくメンバー争いがある方が、選手は危機感があって成長していくのだろうか?

またもう一点、気になる共通点があった。

それは

  • 前評判が良ければ、グループリーグ敗退。
  • 前評判が悪ければ、決勝トーナメント進出。

06年、14年の日本代表の評価はすこぶる高かった。だが、蓋を開けるとグループリーグ敗退。

逆に10年、18年は代表への評価は低かった。怒りを通り越して諦めの境地に入っていた人もいたのではないか? しかし、蓋を開けてみるとまさかの快進撃で決勝トーナメント進出。

これらのことをまとめるとワールドカップで好成績を出した大会には下記2つの共通点がある。

❶ポジション争いが熾烈だった
❷周囲からの期待が低かった

❶は良いとして、❷は少し気にかかるところだ。今後のワールドカップでは周囲の期待が高く、尚且つ期待に応えてくれる日本代表を見たいものだ。

2018→2022年

既に2022年カタールワールドカップへの初陣は切った。

今回選ばれたメンバーのうち、どれだけ4年後残っているのか? そして、どれだけ新しい選手が出てくるのか?

楽しみである。

Embed from Getty Images

初戦

  • 日時: 2018年9月11日 
  • 対戦: コスタリカ代表
  • 場所: 吹田スタジアム
  • 結果: 3−0(Goal→佐々木翔、南野拓実、伊東純也)

GK
東口順昭
権田修一
シュミット・ダニエル

DF
槙野智章
佐々木翔
車屋紳太郎
遠藤航
室屋成
植田直通
三浦弦太
冨安健洋

MF
青山敏弘
山口蛍(→守田英正)
大島僚太(→天野純)
伊東純也
中島翔哉
南野拓実
三竿健斗
伊藤達哉
堂安律

FW
小林悠
杉本健勇
浅野拓磨

※山口、大島はケガのため不参加
※天野純、守田英正が追加招集
※杉本はケガのため離脱