欧州4大リーグで優勝した日本人選手一覧表【合計8人】

リバプール南野日本代表・南野拓実が所属するリバプールは25日、30年ぶりのリーグ優勝を決めた。

南野は欧州4大リーグで優勝したことのある8人目の日本人選手となった。

今回は、過去に欧州4大リーグで優勝したことのある日本人選手を特集。

欧州4大リーグを制した日本人選手

欧州4大リーグを制したことのある日本人選手は下記の通り↓

名前 所属チーム シーズン
南野拓実 リバプール 2019-20
岡崎慎司 レスター 2015-16
香川真司 マンチェスターU 2012-13
ドルトムント 2010-11
2011-12
稲本潤一 アーセナル 2001−02
長谷部誠 ウォルフスブルク 2008−09
大久保嘉人 ウォルフスブルク 2008-09
奥寺康彦 ケルン 1977-78
中田英寿 ローマ 2000-01

備考

日本人選手は全体的にプレミアリーグとあまり縁がなさそうに見えるが、ここ20年で4人がリーグ優勝を経験している。

プレミアに挑戦した歴代日本人選手の数は14人

その中の4人が優勝を経験しているのだから、かなり高い確率と言えるだろう。

上記の表で一際目を引くのが香川真司

欧州4大リーグで3年連続でタイトルを獲っている。

もちろん、これは日本人初の快挙。

尚、日本にまだプロサッカーリーグがなかった時にFCケルンでタイトルを獲った奥寺は別格と言って良いだろう。