コパ・アメリカ2019の組合せが決定|日本はウルグアイ、エクアドル、チリと同組

Embed from Getty Images

コパアメリカ2019組み合わせ

コパ・アメリカの組み合わせ抽選会は、24日(現地時間)に行われた。招待国として参加する日本は、ウルグアイ、エクアドル、チリと同組になった。

組み合わせは下記の通り。( )はFIFAランク

【グループA】
・ブラジル(3位)
・ボリビア(59位)
・ベネズエラ(31位)
・ペルー(20位)

【グループB】
・アルゼンチン(11位)
・コロンビア(12位)
・パラグアイ(32位)
・カタール(93位)

【グループC】
・ウルグアイ(7位)
・エクアドル(57位)
・日本(50位)
・チリ(13位)

日本代表の試合日程

第1戦 6月18日(火)8:00  vsチリ(サンパウロ/モルンビー)
第2戦 6月21日(金)8:00  vsウルグアイ(ポルト・アレグレ)
第3戦 6月25日(火)8:00  vsエクアドル(ベロオリゾンテ)

※時間は日本時間

コパ・アメリカとは?

コパ・アメリカとは南米ナンバー1を決める大会。19年大会はブラジルで開催される。開催期間は6月15日から7月8日までの24日間。

参加国は12チーム。A、B、Cの三組に別れてグループリーグが行われる。

各グループの1位と2位、3位(成績上位2カ国)の8チームがが決勝トーナメントへ進出する。

南米ナンバー1を決める大会だが、93年大会から相互発展のために他の地域からの招待国枠を設けている。

この招待国枠で日本はコパ・アメリカ99に参加。その際の成績は1分2敗でグループリーグ敗退だった。

今大会は、日本の他、カタールが招待されている。

それにしても、アジアナンバー1を決める大会に出場している最中に南米ナンバー1を決める大会の組み合わせが決まるとは何とも不思議な感覚である。


関連記事

コパ・アメリカ2019|招待国とは?

ウルグアイ代表