日本代表、コパ・アメリカとキリン杯は別チーム

Embed from Getty Images

コパアメリカとキリンチャレンジカップに臨む日本代表が別チームになることが分かった。

両大会は同じ6月開催にも関わらず、メンバー発表は別日に行われる。

詳細は下記の通り。

キリンチャレンジカップ

メンバー発表:5月23日13時30分〜

スケジュール

キックオフ 対戦相手 会場
6月5日(水)19:30 トリニダード・トバゴ代表 豊田スタジアム
6月9日(日)19:00 エルサルバドル代表 ひとめぼれスタジアム宮城

コパアメリカ

メンバー発表:5月24日14時〜

スケジュール

第1戦 6月18日(火)8:00  vsチリ(サンパウロ/モルンビー)
第2戦 6月21日(金)8:00  vsウルグアイ(ポルト・アレグレ)
第3戦 6月25日(火)8:00  vsエクアドル(ベロオリゾンテ)

※時間は日本時間

なぜ違うチーム?

キリンチャレンジカップ第2戦が行われるのは6月9日。

コパ・アメリカ初戦が行われるは6月18日。

その間、わずか9日。

それなのになぜ、日本代表メンバーは違うチームになるのか?

キーワードは”拘束力”だ。

キリンチャレンジカップはAマッチデーと位置付けられるため、代表に拘束力がある。

その一方で、コパ・アメリカが開催される期間はAマッチデーに該当しない為、代表に拘束力はない。

しかも、コパ・アメリカが行われている最中、Jリーグは普通に開催される。その為、代表は海外組のみならず、国内組の招集にも苦戦。コパ・アメリカの日本代表メンバーはA代表というよりも東京五輪を目指す若手主体のメンバーになると予想されている。

結果、今回のように同じ6月開催でも別チームにならざるを得ないのだ。

因みに、コパ・アメリカ全試合はDAZNにて独占放送されることが決定している。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し