コパアメリカ1999の日本代表|メンバー&試合ハイライト

Embed from Getty Images

6月15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019。

日本代表は招待国として2度目の出場。

今回は、日本代表がコパ・アメリカに初出場した20年前の1999年大会(パラグアイ開催)を振り返りたい。


コパ・アメリカDAZN全試合独占生配信

プレミアリーグ、Jリーグ、チャンピオンズリーグetcも配信。
新規加入者は1ヶ月無料

DAZNへの申し込みはコチラ


コパ・アメリカ1999の日本代表メンンバー

コパ・アメリカ1999の日本代表メンバーは下記の通り。

カッコ内は当時の年齢&所属チーム。

GK
下田 崇(23/サンフレッチェ広島)
川口 能活(23/横浜F・マリノス)
楢崎 正剛(23/名古屋グランパスエイト)

DF
井原 正巳(31/横浜F・マリノス)
秋田 豊(28/鹿島アントラーズ)
相馬 直樹(27/鹿島アントラーズ)
安藤 正裕 (27/清水エスパルス)
斉藤 俊秀 (26/清水エスパルス)
服部 年宏(25/ジュビロ磐田)
鈴木 秀人 (24/ジュビロ磐田)
森岡 隆三 (23/ 清水エスパルス)

MF
田坂 和昭 (27/清水エスパルス)
藤田 俊哉 (27/ ジュビロ磐田)
名波 浩 (26/ ジュビロ磐田)
望月 重良 (25/名古屋グランパスエイト)
三浦 淳宏 (24/ 横浜F・マリノス)
伊東 輝悦 (24/清水エスパルス)
奥 大介 (23/ ジュビロ磐田)
福西 崇史 (22/ ジュビロ磐田)

FW
吉原宏太(21/コンサドーレ札幌) ※1
呂比須ワグナー (30/ 名古屋グランパスエイト)
岡野 雅行 (26/浦和レッドダイヤモンズ)
城 彰二 (23/横浜F・マリノス)

※1 大会直前に中山 雅史 (31/ ジュビロ磐田)が負傷離脱した為、急遽追加招集

コパ・アメリカ1999の日本代表の成績

日本代表はグループリーグでパラグアイ代表、ペルー代表、ボリビア代表と同組。

1分2敗でグループリーグ敗退。

詳細は下記の通り。

vsペルー代表(2−3)


試合詳細はコチラ

vsパラグアイ代表(0−4)


試合詳細はコチラ

vsボリビア代表(1−1)


試合詳細はコチラ

コパ・アメリカ1999の日本代表まとめ

コパ・アメリカ1999は日本代表にとって、3試合で1分2敗(3得点8失点)と結果の面では散々なものだった。

しかし、内容面では随所に良いプレーを披露。

当時、アウェーでの試合が少なかった日本代表にとって海外での試合、しかもコパ・アメリカという真剣勝負の舞台で得た経験は大きかったことだろう。

あれから20年の月日が経ち、日本代表はその後行われたワールドカップには全て出場。決勝トーナメント進出も2度果たした。

代表メンバーの多くは海外でプレーするようになり、当時と比べると日本代表のレベルは大きく異なる。

だが、代表の試合においてはワールドカップやアジアカップを除いては親善試合の多くが今でも国内開催がほとんど。しかも、その多くが強豪国が来ようと興業的要素が濃い。

そんな日本代表にとって、完全アウェーの中で行われる公式戦のコパ・アメリカ2019はこれ以上ない成長するチャンス。

どのような結果に終わろうと、コパ・アメリカ2019で日本代表が得るものは大きいだろう。

日本代表のコパ・アメリカ2019の試合日程は下記の通り。

第1戦 6月18日(火)8:00  vsチリ(サンパウロ/モルンビー)
第2戦 6月21日(金)8:00  vsウルグアイ(ポルト・アレグレ)
第3戦 6月25日(火)8:00  vsエクアドル(ベロオリゾンテ)

※キックオフは日本時間

日本代表は、コパ・アメリカで初勝利を挙げることができるのだろうか?

今から楽しみだ。

尚、コパ・アメリカ2019は日本代表戦を含む全26試合DAZN独占生配信する(テレビ中継はない)。

余談だが、DAZNは6月22日にエジプトで開幕するアフリカネーションズカップも生配信する。

この両大会を無料で見られるチャンスは今だけ。


コパ・アメリカDAZN全試合独占生配信

プレミアリーグ、Jリーグ、チャンピオンズリーグetcも配信。
新規加入者は1ヶ月無料

DAZNへの申し込みはコチラ


関連記事

コパ・アメリカ 全26試合の日程&テレビ放送
コパ・アメリカ 全6スタジアム
コパ・アメリカ2019 招待国とは?
コパ・アメリカ2019 日本代表の組み合わせ