コパ・アメリカの歴代得点王【一覧表】【1989年大会〜】

Embed from Getty Images
6月15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ。

コパ・アメリカは南米ナンバー1を決める大会。南米と言えば、どの時代も優れた点取り屋が数多く存在するものだ。

そこで今回は過去30年のコパ・アメリカ得点王の一覧表を作ってみた。

コパ・アメリカ歴代得点王

大会 得点王
1989 ベベット(ブラジル)
1991 バティストゥータ(アルゼンチン)
1993 ドルヘッタ(ベネズエラ)
1995 バティストゥータ(アルゼンチン)
ガルシア(メキシコ)
1997 エルナンデス(メキシコ)
1999 リバウド(ブラジル)
ロナウド(ブラジル)
2001 アリスティサバル(コロンビア)
2004 アドリアーノ(ブラジル)
2007 ロビーニョ
2011 ゲレーロ(ペルー)
2015 ゲレーロ(ペルー)
バルガス(チリ)
2016 バルガス(チリ)
2019  ?

こちらが1989年からここ30年間のコパ・アメリカ得点王。

こうして見るとバティストゥータ、ロナウド、ベベットなど大物点取り屋の名もあれば、そうでない選手もいる。

その中でも特に目立つのが1993年大会のドルヘッタ(ベネズエラ)だ。記録を見て見るとドルヘッタはこの大会で4ゴールを挙げ、得点王になっている。

4ゴールの内訳は全てがグループリーグ(エクアドル、ウルグアイ、アメリカ相手)。

ベネズエラ代表はこの大会では1分2敗でグループリーグ敗退している。

この点を考えると、どのチームからでも得点王が生まれるチャンスはありそうだ。

因みに、今まで招待国枠からは得点王は二人(共にメキシコ)出ている。

招待国枠として1999年大会二度目の出場となる日本代表。

日本から得点王が出ようものならコパ・アメリカの歴史に大きく名を刻むことになるだろう。

コパ・アメリカ2019は日本代表戦も含め、全26試合がDAZNにて独占生配信される。


コパ・アメリカDAZN全試合独占生配信

プレミアリーグ、Jリーグ、チャンピオンズリーグetcも配信。
新規加入者は1ヶ月無料

DAZNへの申し込みはコチラ